工房ブログ

手革とは?? 型づくりの方法や使い方について

手革(てがわ)に関して、実際にあった、お客様とのやりとりをQ&A方式にしてご紹介いたします!

Q. この「瓦せんべい」のような物は何でしょうか?そして、どうやって使うのでしょうか?


A.これは手革という物です。平版ローラーの持ち手部分に巻いて、いわゆるベアリングのような機能を持たせて、ローラーの回転を補助してくれます。
(下の動画をご覧下さい。)

Q.手革に表裏はありますか?

A.当社では、革の「裏面=ザラザラした面」を表側にし、「表面=ツルツルした面」を裏側になるように丸めて使うことをオススメしています。その理由ですが、手革はローラーの持ち手部分に巻いて回転補助のために使用するため、ツルツルの面が持ち手に当たる方が摩擦係数が低いため回転を、より補助しやいからです。

しかし、この「表裏」は正直申し上げますと、どちらでも問題ないです!
お客様のお好みで構いませんし、どちらの面を表・裏にしても、特に作業に支障をきたすことはないと思われます。

Q.手革を買いたいのですが、いくらですか?

A.当社の「平版ゴムローラー」か「NEW平版ゴムローラー」、もしくは「平版革ローラー」をご購入いただきますと、ローラー1本につき、サービス手革1組を無償でプレゼントしております。(卸店様へは対象外です。)

販売品としては、サービス手革よりも厚めの物を、1組=2枚から購入いただくことが可能です。下記のリンクより商品ページに入れますので、詳しくはそちらをご覧下さい。5組セット・10組セットと数量が多くなると単価割引が適用されます。

【製品ページへのリンク】手革 ( 高級多脂厚口)

Q.手革を丸めて型をつくるにはどのようにしたらよいでしょうか?

A.まずは手革をぬるま湯に漬けて、柔らかくします。革が柔らかくなったら、手革を手で丸めてから、紐などで縛って型を付けます。
(詳しくは下記 写真のような手順で行って下さい。)

【手革の型づくり】

◎用意するもの
・手革
・洗面器など(ぬるま湯を入れて革を漬ける容器)
・ぬるま湯
・ビニール紐・タコ紐など (手革の型付けのため)
・ワニス (当社では00ワニスを使用)

① まずは手革をはじめ、必要な物を準備します。

② 洗面器などにぬるま湯を入れて、その中に手革を漬けます。

この工程によって手革を柔らかくしています。
お湯の温度などにもよりますが、当社のサービス手皮のような薄い手革ですと数十秒で柔らかくなります。厚みのある手革だと1分~3分程度かかる場合もあるかと思いますが、柔らかくなるまで漬けて下さい。

③ 柔らかくなった手革を手で丸めて、梱包用のビニール紐やタコ紐などで、軽く縛って固定して下さい。

④ 紐で縛った手革は、天日干しするなどして乾くまで放置します。

水分が乾き、紐を解いても、革が丸まった状態になるように型が付けばOKです。

⑤ ワニスをウェスに含ませて、手革の両面に塗り込みます。

⑥ ワニスが乾けば、「型づくり」完了です!!

最後に、お客様が実際使用している当社の手革をご紹介。
当社製品をご愛用いただいているユーザー・H様の長年使い込みした味のある手革たちです!

写真のご提供・ご協力 H様
写真のご提供・ご協力 H様

【 注文時の裏技!! 】

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

下の写真は 当社の「平版ゴムローラー」か「NEW平版ゴムローラー」、もしくは「平版革ローラー」をご購入いただいた際に、ローラー1本につき、無償プレゼントしております、サービス手革です!

ご注文書の備考欄に、「サービス手革は丸まった物を希望」などのようにご記入いただければ、当社で予め型づくりして、丸まった状態の物をご提供させていただきます!
こちらは、型づくり済みのサービス手革の在庫がある場合のみ、ご対応とさせていただきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »