ローラー 手引き

ゴムローラーの溝切加工【NBRゴム以外にウレタンや樹脂でも可能】

2020年10月27日

スパイラル溝切加工を施した樹脂ロール

スパイラル溝切加工を施した樹脂ロール

 

工業用や、試験用等で使用されるローラーには、表面に溝切加工を施す場合があります。

溝切加工をすることで、ローラーに、様々な効果を与えることが可能です。

 

ローラーの溝切加工

 

溝切加工をすることで得られる効果

溝切加工を施すことで、得られる効果は例えば下記の通りです。

 

ココがポイント

表面積が大きくなるため、塗料やインクなどを、より多くローラーに乗せることが可能
シートなどの搬送時にバタつきを防ぐ
シワ伸ばし効果を付与する

etc・・・

 

溝切加工が可能な材質は?

溝切加工は、NBR(ゴム)でも、樹脂でも、ウレタンでも可能です。

ゴム材質 NBRの特徴

当社のゴムローラーの材質はNBR (=ニトリルブタジエンゴム)を採用しています。 特徴としては強度、弾性、耐油性に大変優れています。 オフセット印刷機には以下の写真のようなローラーが搭載されており、こ ...

続きを見る

【ウレタンゴムの特徴】ポリウレタン材質ローラーについて

【ウレタンゴムの特徴】ポリウレタン材質ローラーについて   当社ではポリウレタン材質のローラーも特注にて製作を承っております。 本記事では、ウレタンゴム材質の「特徴」や「納期」、そして、特に ...

続きを見る

 

溝を綺麗に仕上げるためには?

材質が硬質なほど、綺麗に溝切加工が仕上がる可能性が高いです。

当社では、最低でも、ゴム・樹脂ローラーの場合は40度以上を推奨致します。

 

ココに注意

材質によっても異なりますが、軟質のローラーは綺麗に溝が切れない場合があります。

 

溝切加工のコストカット例

当然ですが、溝切加工は細かい加工が必要なほど、加工費がかかります。

当社では、実際にお客様に溝切加工費を抑えるように、例えば、下記のようなご提案をさせていただいております。

コストカットのための溝切加工例 説明

コストカットのための溝切加工例 説明

 

上の手書き図の左側は、ローラー回転させながら、溝を、スパイラル状に切ることにより、実質1本線で加工してコストカットする方法です。

反対に上の図の右側のように、縦に1本ずつ溝を付けていくと、数回に渡って溝切加工を行うことになるため、「スパイラル加工」よりも加工費が高くなってしまいます。

 

 

-ローラー 手引き
-, , ,

Translate »

Copyright© 有限会社 中島革ゴムローラー製作所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.