お知らせ 製品紹介

NEW平版ゴムローラーの持ち手部分「合成うるし塗り仕上げ」

2015年10月19日

合成うるし塗り仕上を施したNEW平版ゴムローラー

合成うるし塗り仕上を施したNEW平版ゴムローラー

NEW平版ゴムローラーの持ち手部分「合成うるし塗り仕上げ」


2015年10月1日 出荷分より、両手木部は「合成うるし塗り仕上げ」を施して皆様の元へお届けしております。

価格

「合成うるし塗り仕上げ」の価格ですが、従来の規格品価格とお値段据置きです!!

 

表面耐久性向上と高級感の演出

以前の仕様は、硬化オイル木材に「ウレタン塗装仕上げ」でしたが、2015年10月1日 出荷分より、「ウレタン塗装仕上げ」から合成うるしを5~6回丹念に重ね塗りする「合成うるし仕上げ」に変更致しました。

「合成うるし仕上げ」をすることで、木製持ち手部分の耐久性を向上させています。

これにより一段とキズがつきにくくなり、さらに表面の光沢が増して、高級感もアップした製品となりました!

下の動画のように1本1本手作業で丹精込めて、処理を行っております。

 

 

より長い年月使用できる大切な1本の道具としてご愛用いただけるようなものづくりを心掛けております。

 

うるし被れについて


お客様
わたしは「漆アレルギー」持ちで、手などが被れてしまうため、貴社製品を使用するのが心配です。

当社製品には、「人工原料の合成うるし剤」を採用しております。
中島ローラー

 

上の会話のように、当社では、「人工原料の合成うるし剤」仕上剤として使用しております。

主成分は合成樹脂類+炭化水素系溶剤です。

その為、うるしかぶれの心配はございません。

 

採用している「合成うるし」剤

採用している「合成うるし」剤

 

合成うるし剤メーカーの商品紹介ページ

和信ペイント株式会社
https://www.washin-paint.co.jp/product/type/oil-based/japan

※上記URL内のページより成分表やSDSなどもご確認いただけます。

 

それでも「うるし被れが心配な方」には

ご注文時に、「ご注文書」や「ECカート販売サイトの備考欄」などに、

「うるし被れが心配なので、うるし塗り仕上なし」のような旨をご記入・ご入力してお知らせ下さい。


当社では、既に完成した製品を在庫するシステムの為、完成品の持ち手部分の、「うるし塗り」部分をサンドペーパーなどで剥がす処理を行います。

剥がし費用は無料です。

うるし塗り剥がしをご希望の方へ

サンドペーパーなどでの剥がし加工時に、木製持ち手部分や、木製ローラー側面部などに細かい傷が付く可能性がございます。

その点を、ご了承下さいますようお願い申し上げます。



「合成うるし仕上げ」対象商品

対象商品
NEW平版ゴムローラー

NEW平版ゴムローラー 硬度 3タイプ 着肉性よし!版画&リトグラフ用に開発されたゴムローラー   当社は、元来、「アルミ手タイプ」と「木芯タイプ」の平板ゴムローラーを 約半世紀の永 ...

続きを見る

-お知らせ, 製品紹介
-,

Translate »

Copyright© 中島革ゴムローラー製作所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.