NEW平版ゴムローラー

 

≪ 新素材採用による三大特徴 ≫

① 丈夫で使い心地が良い
② 製造・直売メーカーの低価格
③ 大型・太口径ローラーも軽量仕上り
   (従来アルミ持ち手品と比較して)

半世紀に渡る販売実績を基に、
より良い製品へと進化を遂げました!

 

製品説明

 

 NEW平版ゴムローラーとは…?!

 

弊社は元来、アルミ手タイプと木芯タイプの平板ゴムローラーを
約半世紀の永きに渡り、製造・販売して参りましたが、
平成15年春にこの両方の良さを合わせた
NEW平版ゴムローラーを開発・新発売致しました。

 

特注品/小型から大型まで製作可能
上 φ23cm×70cm (30°)
下 φ11cm×20cm (30°)

φ17cm × 50cm

 

弊社オリジナルの旧木芯タイプ製品は木芯にゴムを
巻いておりましたが、NEW平版タイプはアルミ芯にゴム巻きし、
両手握り部は硬化オイル木材を用いた、
アルミ芯と木製握り手を組み合わせた新しい平版ローラーです。

アルミ手タイプの平版ローラーのように丈夫で、
かつ使い心地が良い製品です。

NEW平版ゴムローラーの製造のため、改めて工程や材料を
見直した結果、コスト削減に成功し、
アルミ手タイプ平版ローラーよりも安価にお客様へ
ご提供できる運びになりました。

持ち手である木芯部は合成うるし塗り表面処理を施しており、
硬質のためキズにも強く、艶があり、
高級感のある仕上がりとなっております。

さらに肝心のゴムは日本の印刷用ゴムのトップメーカーにより
開発された素材で、インクの着肉性が良く、表面変化が少なく、
ゴム硬度も長期に渡り安定しています。

ゴム肉厚は12ミリで、長年の使用で表面が劣化しても、表面を削って
新品同様に戻すことが出来る再研磨加工が3~4回可能です。

リトグラフ・版画の刷り師の方に、1本で長い年月使用出来る
大切な道具としてご愛用いただいております。

 

上 φ11cm × 27cm (30°)
中 φ11cm × 30cm (20°)
下 φ11cm × 40cm (45°)

木芯部は合成うるし塗り表面処理
艶があり、高級感のある仕上り

 

アルミ製持ち手の製品と比べて、どれくらい軽いの???

【ブログ記事へのリンク】
「 NEW平版ゴムローラー 」と 「 平版ゴムローラー(アルミ芯) 」の重量比較

 

価格表

 

※ 表示価格は税抜本体価格です

ゴム直径 × ゴム幅 重量
(内包装)
新品 再研磨 / 修理
φ11cm × 27cm 2.1kg
(0.2)
¥ 28,800 ¥ 6,500
φ11cm × 30cm 2.3kg
(0.2)
¥ 30,000 ¥ 6,500
φ11cm × 36cm 2.7kg
(0.2)
¥ 32,000 ¥ 8,000
φ11cm × 40cm 2.9kg
(0.2)
¥ 35,000 ¥ 9,000
φ11cm × 50cm 3.5kg
(0.2)
¥ 38,000 ¥ 12,000
φ11cm × 60cm 5.2kg
(0.2)
¥ 43,000 ¥ 13,000
φ17cm × 40cm 5.4kg
(0.2)
¥ 44,000 ¥ 15,000
φ17cm × 50cm 6.0kg
(0.2)
¥ 49,000 ¥ 17,000
φ17cm × 60cm 7.2kg
(0.2)
¥ 56,000 ¥ 18,000
☆新品を1本お買い上げにつき、オリジナルサービス手革 2枚/1組をプレゼント。
※ゴム硬度を、軟質・中質・硬質 の3種類の中からお選びいただけます。
硬度による価格差は無く、同じサイズの製品であれば、同価格です。

 

ゴム色

 

中質 30度 ( ブルー )  軟質 20度 ( 赤茶 )  硬質 45度 ( 白 or 薄緑 )

※硬度3種類とも、同じサイズの製品であれば、同価格です。

【ブログ記事へのリンク】ゴムローラーの硬度

【ブログ記事へのリンク】「軟質」・「硬質」ゴム硬度表記変更のお知らせ

 

ゴム面の再研磨 (修理)

 

現在ご使用のゴムローラーに深いキズ等がなく、肉厚が7ミリ前後残っている場合は再研磨加工が可能です。

平版ゴムローラー再研磨についての記事

 

※ゴム巻替えについては、平成10年頃よりゴムローラーメーカーの工程上の都合によりお受けできなくなりました。

 

( 使用上のご注意 )

 

ゴムローラーの洗浄については専用のインク洗浄剤をご使用下さい。
シンナー類はゴム質を劣化させますので、使用しないで下さい。

 

会社情報

facebook

ページ上部へ戻る
Translate »