ローラー 用途

オフセット印刷機で使用されるゴムローラー

2021年4月23日

オフセット印刷機に搭載されたインキングゴムローラー

オフセット印刷機に搭載されたインキングゴムローラー

 

オフセット印刷機で使用されるゴムローラー

新聞や書籍、チラシなどを印刷するオフセット印刷機には、ゴムタイプや金属タイプのローラーが何本も搭載されており、それぞれがインキを練ったり、運んだりする役目を果たしています。

本記事では、オフセット印刷機内のゴムローラーについてご紹介させていただきます。

そもそもオフセット印刷とは?

印刷工場内のオフセット印刷機械

印刷工場内のオフセット印刷機械

 

オフセット印刷とは、版(ハンコ)の画像を直接、紙に印刷するのではなく、一度、「ブランケット」というゴムシートに絵柄を転写し、その「ブランケット」に移った絵柄を紙に刷る印刷方式です。

版画家の方、特にリトグラフ作家の方は良くご存じかと思いますが、オフセット印刷も「水」と「油分」が反発する性質を用いた印刷技術です。

 

ブランケットに一旦「オフ」して、ブランケットから紙に印刷=「セット」するから、オフセット印刷と名付けられたそうです。

 

オフセット印刷機で使用される「ブランケット」のカットサンプル

オフセット印刷機で使用される「ブランケット」のカットサンプル

 

オフセット印刷で刷られた印刷物はどんなものがあるでしょうか?

私たちに身近なものですと、例えば、新聞やチラシ、書籍などが該当します。

 

オフセット印刷機ゴムローラーの材質や種類は?

 

オフセット印刷 油性機では、NBR材質が一般的

オフセット印刷機には、油性インキを使う「油性機」と、印刷後にUV照射してインキを硬化させる「UV機」の2種類があります。

一般的に、油性印刷機では、ニトリルブタジエンゴム(NBR)材質のゴムローラーが搭載されています。

NBR材質についての記事

【ゴムローラー材質】NBRの特徴

NBR材質 ゴム材質 NBRの特徴 当社のゴムローラーの材質はNBR (=ニトリルブタジエンゴム)を採用しています。 当記事では、NBR材質の特徴をご紹介致します。   NBR材質の優れてい ...

続きを見る

 

当社HPやECカートサイトで販売されている平版ローラーや、ハンドローラー等の自社オリジナル製品は、オフセット印刷機に搭載されている、ゴムローラーと同じゴム材質「NBR」を採用しています。

 

ローラーの種類

オフセット印刷機のゴムローラーは、大きく分類すると、「インキングローラー」と「給水ローラー」の2種類があります。

 

【インキングローラー】

その名の通り、インキを運んだり、練ったり、版に着けたりするゴムローラーです。

下のような、ローラーの種類があります。

インキングローラーの種類

・呼出ローラー (硬度30~40度)
・練りローラー (硬度30~40度)
・着けローラー (硬度30度)

 

【給水ローラー】

オフセット印刷機の湿し水を版まで量を調整しながら運ぶゴムローラーです。

業界では、「水ローラー」や「水棒(すいぼう)」と呼ばれています。

下のような、ローラーの種類がございます。

給水ローラーの種類

・水着けローラー (硬度25~30度)
・水元ローラー (硬度25度)

水元ローラーは、調量ローラーとも呼ばれています。

 

ゴムローラーの交換・注文方法は?

オフセット印刷機のゴムローラーは、印刷を続けていくと経年劣化してインキの転移が悪くなったり、水の調整が難しくなります。

そのため、定期的に劣化したゴムローラーを新品に交換する必要があります。

交換頻度は、稼働数、仕事量、そして、それぞれの印刷会社様の考え方があり、一概には言えません。

きっちり半年や、1年に一回交換を励行していらっしゃるユーザー様もいらっしゃいますし、使える限界まで可能な限り稼働させる工場もあります。

交換方法は下の2種類ございます。

 

巻替え

古くなったゴムローラーを当社が引取り、古いゴムを剥がして、新しいゴムを巻く方式を業界では「巻替え」と呼ばれています。

巻替えは、ゴム部分だけ新しくしますので、鉄芯部は、長年使い続けることができます。

鉄芯の修理も可能

鉄芯もベアリング装着部分などが長期使用で摩耗していくため、修理が必要なケースもございます。そのような部分的な修理も当社で承ることが可能です。

巻替え方式のデメリットを挙げるとすれば、予備のゴムローラーを工場で保管しておかなければならない点です。

NBR材質の巻替えは、メーカーや製品にもよりますが、製作期間が最低でも1ヵ月程度、長くて2ヵ月程度かかるケースがございます。

そのため、予備を置いておかないと、上記の期間は機械を稼働させることができなくなってしまいます。

通常、新台購入時に、機械メーカーが予備のローラーも数セット用意して機械と一緒に納めてくれますので、その予備芯を使って運用していきます。

 

交換方式

交換方式という方法もございます。

この方式は印刷機種が限られますが、ゴムローラーメーカーに注文すると、既に新品のゴムが巻かれた状態の完成品を、短納期で納めてくれるサービスです。

鉄芯ごと新品のゴムロールを納めてもらい、中古品ゴムローラーを鉄芯ごと返却するというかたちでローラーメーカーに引き渡す流れです。

予備のローラーを工場に置いておかなくても運用が可能になるため、例えば都内の敷地面積が狭い工場など、予備ロールの保管スペースも確保しにくい現場で喜ばれるサービスです。

また短納期でロールを納められるため、緊急時に活用するお客様もいらっしゃいます。

価格面では、通常、「巻替方式」の方がコストが安く、「交換方式」の方が割高となります。

また機械のメーカー・機種によって、ローラーメーカーがローラー芯の持ち合わせがなく、交換方式に対応できないケースも多いです。

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!

    本サイトをどこでお知りになりましたか?

    [confirm "確認"][back "戻る"]

    -ローラー 用途
    -, , ,

    Translate »

    Copyright© 中島革ゴムローラー製作所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.