ローラー 用途

「リトグラフ」の分野で使われるローラーは?

2021年1月5日

リトグラフ用途で使用される平版ゴムローラー

リトグラフ用途で使用される平版ゴムローラー

リトグラフ用途 / ローラーの種類は?

 

製版用に使われる「裏革ローラー」

リトグラフの製版工程で、「裏革ローラー」が使用されます。

 

「裏革ローラー」の良い点

「裏革ローラー」は、表面がバサバサと毛羽立っており、これが紙粉やインキカスなどを回収してくれる「ゴミ取り効果」の機能もあります。

 

ゴミ取り効果

数十年前はオフセット印刷機の「ゴミ取りローラー」として「裏革ローラー」が使われていたい時代もありました。

 

ゴミ取りローラーとは?
オフセット印刷機用 ゴミ取りローラー【紙粉ゴミ対策で有効】

オフセット印刷用ゴミ取りローラー   オフセット印刷機用 ゴミ取りローラー【紙粉ゴミ対策で有効】 オフセット印刷の分野において、紙粉などのゴミが版面に付着するトラブルでお困りのお客様がいらっ ...

続きを見る

 

「裏革ローラー」の悪い点

製版用インキを「裏革ローラー」に巻いて使います。

使用後も、基本的にインキは巻いた状態のまま、乾燥防止対策のスプレーを吹きかけたり、インキが乾燥硬化しないようにフィルムやサランラップなどでローラー表面に空気が触れないように保管します。

万が一、「裏革ローラー」に巻いた製版インキが硬化してしまった場合は、革張替をして修理をしなければお使いいただけません。

上記のように取り扱いに関して、注意が必要な製品です。

 

もし革ローラーに巻いたインキを乾燥硬化させてしまったら

当社にて、「革張替え」=修理が可能です!

下の動画のように、使えなくなってしまった中古の革ローラーの牛革を剥がして、新しい革を張り替えます

 

印刷用に使われる「表革ローラー」

 

多色刷りの印刷では、「表革ローラー」か、「ゴムローラー」が使われています。

 

「表革ローラー」の良い点

現在、リトグラフの印刷用として使われているのは、「ゴムローラー」が圧倒的多数です。

「表革ローラー」は「ゴムローラー」とは、違う印刷表現が可能になります。

あえて、人と違った表現をしたいといった方は、「表革ローラー」を選択肢としてご検討下さい。

 

「表革ローラー」の悪い点

多色刷り用途で「表革ローラー」を使う場合は、原則として1色につき、1本の「表革ローラー」をご用意いただかなくてはなりません。

理由は、ゴムローラーと違い、ローラー表面のインキ洗浄性が悪く、仮に洗浄をして違う色を使うとしても、

1本あたりの、お値段も「ゴムローラー」と比較して高価です。

3色印刷する場合は、その色専用の「表革ローラー」をご用意いただくことが前提となるため、非常にコストがかかります。

また前述の「裏革ローラー」同様、ローラーに巻いたインキを硬化させてしまうと、革ローラーは使えなくなってしまいますので注意が必要です。

 

印刷用に使われる「ゴムローラー」

NEW平版ゴムローラー φ11cm×27cm (中質30°)

NEW平版ゴムローラー φ11cm×27cm (中質30°)

 

前述の「表革ローラー」のデメリットについて解決してくれるのが、平版ゴムローラーです。

NBRゴムは耐油性・耐溶剤性が高いため、専用のインク洗浄剤を使用すれば、使ったインキをローラー表面からしっかり落として洗浄できます。

そのため、多色版刷りを行う場合も、ローラーに乗せたインキを洗浄して使いまわせば、1本のローラーを使って、作品作りをすることができ、平版革ローラーを使用するよりも、道具にかかるコストや手間はかかりません。

 

リトグラフ用途ゴムローラーの硬度は?

NEW平版ゴムローラー 硬度30度品

NEW平版ゴムローラー 硬度30度品

 

リトグラフ用途でゴムローラーをお買い求めいただく場合、当社実績では出荷数全体の7~8割程度が中質30度品です。

中質30度品は上の写真のようにゴム色は青色です。

硬度の違いで生じる差

ベタ部分の仕上がり

作品にベタ部分が多くある場合、「硬質ローラー」だとインキが乗りにくいといったご意見が見受けられます。

リトグラフ用のゴムローラーは、ゴム硬度が柔らかいほど、インキをゴムローラーにより多く乗せることができます。

お客様より、当社の「中質30度品」はインキ乗りが良く、ベタの仕上がりも良いとご評価いただいております。

細かい線部などの仕上がり

作品に細かい線の表現などがある場合は、ゴムローラーにインキを乗せすぎてしまうと、線が太り易くなることがございます。

繊細な作品制作をお考えの場合は、「硬質ローラー」を使うことも有効かと思います。

 

中質30度品はバランス型

前述の通り、ゴムローラーの「軟質」・「硬質」によるメリットとデメリットがございます。

中質30度品の場合、当社の硬度ラインナップ3種類のうち、中間にあたり、汎用性が高いバランス型の硬度ということが言えます。

作家様や指導者の方によって、使用する適切な「ゴム硬度」については様々なご意見がございます。

当社の過去の販売実績の観点からご紹介させていただく、一つの見解としてご参考にして下さい。

 

当社製品のご紹介

 

平版革ローラー

(上) 裏革ローラー/製版墨盛り用      (下) 表革ローラー/多色刷り用   平版革ローラー  /  for 版画ローラー 製品説明 裏革ローラーは製版用・墨刷り用、表革ローラーはカラ ...

続きを見る

インク詰め用革ローラー

インク詰め用(裏)革ローラー 10cm   インク詰め用革ローラー / for 版画ローラー   裏革ローラーは製版用・墨刷り用として使われています。表革ローラーはカラー多色刷り用 ...

続きを見る

 

平版ゴムローラー(アルミ)

平版ゴムローラー / アルミ芯タイプ 【製品説明】平版ゴムローラー(アルミ持ち手タイプ)~版画・リトグラフ市場で昔から使用されているスタンダードタイプ~   版画やリトグラフの分野で、日本だ ...

続きを見る

NEW平版ゴムローラー

NEW平版ゴムローラー 硬度 3タイプ 着肉性よし!版画&リトグラフ用に開発されたゴムローラー   当社は、元来、「アルミ手タイプ」と「木芯タイプ」の平板ゴムローラーを 約半世紀の永 ...

続きを見る

ゴム手ローラー

版画用・工業用幅3cm~60cmまで全品在庫あり ゴム手ローラー ( ゴムローラー 用途 / 版画・圧着など ) 製品説明 日本のトップゴムメーカーによる合成ゴムの代表NBRと平版用に開発された樹脂素 ...

続きを見る

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!

    本サイトをどこでお知りになりましたか?

    [confirm "確認"][back "戻る"]

     

     

    -ローラー 用途
    -, , ,

    Translate »

    Copyright© 中島革ゴムローラー製作所 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.