材質

CR材質の特徴【ネオプレン/クロロプレンゴム】

クロロプレンゴム(CR) / ネオプレン 材質のゴムローラー

クロロプレンゴム(CR) / ネオプレン 材質のゴムローラー

 

CR材質の特徴【ネオプレン/クロロプレンゴム】

  当社ではCR (=クロロプレンゴム)材質のゴムローラーも製造提供可能です。 当記事では、CR材質の特徴をご紹介致します。  

 

CR材質=「ネオプレン」?!

CR(クロロプレンゴム)材質は、1931年に米国のデュポン社が初めて製造・販売を開始した材質です。商標名が「ネオプレン」で馴染みになっております。当記事では呼称をCR材質に統一させていただきます。

 

CR材質の優れている点

CR材質は、耐候性、耐オゾン性、耐熱性がNBR材質などの汎用性が高いゴムよりも、優れています。

かつNBR材質には劣るものの、中程度の耐油性を兼ね備えたバランス型の使い勝手の良い材質です。

バランス型ゴム材質のクロロプレンゴム

バランス型ゴム材質のクロロプレンゴム

 

強度・伸縮性

物性が強いため、機械上に搭載され、特にコンベヤベルトや搬送用ゴムローラーとして活躍しています。


耐候性・耐オゾン性

CR (クロロプレンゴム=ネオプレン) は、ウェットスーツの生地素材にも採用されています。

耐候性・耐オゾン性に優れており、特殊用途合成ゴムとして電線ケーブルの被覆やゴムベルト,ゴムライニング,接着剤など広く工業用製品に採用されている材質です。

ゴムローラーの屋外利用が必須な場合は、CRは選択肢の一つです。      

 

耐油性・耐薬品性

天然ゴムよりも耐油性・耐薬品性に優れており、耐油ホースなどにも利用されています。


耐熱性

許容温度は約130℃程度。

許容温度が約90℃程度の天然ゴムや、約80℃程度のウレタン材質、約120℃程度のNBR材質よりも、燃えにくい合成ゴムです。

ただし、ブチルゴムやEPDM、シリコンゴム、フッ素ゴムなどと比較すると耐熱性が劣ります。



CR材質のデメリット

製作可能な硬度の範囲が他材質と比べて狭い

CR材質は製作可能硬度の範囲が約40度~80度です。

NBR材質が15度~95度、EPDM材質が25度~90度、ウレタンが15度~90度と他材質と比較すると提供可能な範囲が狭く、柔らかめな材質がご提供不可となります。

メモ

一部、硬度30度のCR材質を提供可能なメーカーも存在します。30度程度のCR材質をお求めの場合、まずはご相談下さい。

 

耐油性はNBRの方が高い

油性インキや石油系溶剤などをゴムローラーに用いる場合は、耐油性の観点から言うと、CRよりNBRの方が耐性があります。

そのため印刷分野などでは、一般的にNBR材質の方が、活躍を目にする機会が多く、馴染みがあります。

 

製作納期

メーカーにもよりますが、一般的に約30~40日程度の製作日数が必要です。    

 

表面加工

  「EPDM」材質のゴムローラー表面に、上のイメージのような溝を切るなどの加工を施すことが可能です。

   

 

EPDM材質の採用実例

【屋外仕様】長柄付きCR材質ゴムローラー φ110mm×300mm

CR材質の長柄付きゴムローラー     屋外仕様の長柄付きゴムローラー   お客様特注で屋外地面の舗装のために長柄付きロールを製造してもらいたいです。 製作可能です。機能 ...

続きを見る

 

CR以外の材質について

製造可能なローラー材質

当社では、主に下の表中の材質についてローラーを製造することが可能です。

NBR ウレタン シリコン EPDM
CR 弗素ゴム ブチルゴム スチレン
粘着ゴム ブラシ 特殊毛羽材質 牛革

 

上記以外の材質のロールも製造可能?

表中にない材質でも製造・提供可能な物もありますので、気軽にお問合せ下さいませ。
【ローラー材質まとめ】材質の性能比較と提供可能硬度

NBR(合成ゴム)材質を採用した当社オリジナル品 「NEW平版ゴムローラー」   【ローラー材質まとめ】 ゴムローラー種類についてまとめました 当社では、下の表中の材質についてローラーを製造 ...

続きを見る

 

お問い合わせはこちらからどうぞ!

-材質
-, , , , ,

Translate »

Copyright© 中島革ゴムローラー製作所 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.